B&Dドラッグストア 牧の原店 隣!!

〒465-0072
愛知県名古屋市名東区牧の原3丁目301

TEL:052-709-3301

胃カメラ

クリニックブログ
Mobile Site
HOME»  胃カメラ

胃カメラについて

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)とも言われ、小さなカメラで食道・胃のポリープやがん、炎症などを調べるのに使われます。
カメラを挿入する場所(鼻か口)によって呼び名が変わり、それぞれ経鼻内視鏡・経口内視鏡と呼ばれます。
胃カメラを定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が大きく高まります。
特に、ピロリ菌感染、慢性萎縮性胃炎のある方には、定期的な内視鏡検査をお勧めしております。

鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡検査)

経鼻内視鏡は、鼻から胃へ挿入する内視鏡検査で、口から挿入する経口内視鏡に比べて嘔吐感や不快感が少なく、全身麻酔も必要無いので、比較的楽に検査出来るといえます。

こんな症状の際に胃カメラ検査をお勧めします。

  • 上腹部が痛む
  • 胃の不快感がある
  • 胸焼けがする
  • のどまたは胸のつかえ感がある
  • 吐き気、嘔吐
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
  • 貧血を指摘されている
  • 体重が急に減った
  • バリウムによる胃の健康診断で異常を指摘された
  • 黒い便が出る
  • 肝硬変と言われている
  • 食道がん、胃がんを治療したことがある

胃カメラ検査で発見される消化器系の病気について

胃カメラは、以下のような病気の診断・検査に有効です。

  • 胃がん
  • 食道がん
  • 十二指腸がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸ポリープ
  • 逆流性食道炎
  • ピロリ菌感染症

胃カメラ検査前の注意事項

検査前日
  • 前日の夕食はなるべく早く済ませるようにしてください。
  • アルコールは控えるようにしてください。
  • 遅くとも午後9時以降は飲食、服薬をしないようにしてください。
検査当日
  • 検査が終わるまで、飲食は禁止です。
  • うがいは構いません。
  • たばこは吸わないでください。胃液の分泌量が多くなり、検査や診断がしにくくなります。

食道がん、胃がん、大腸がん基礎知識

食道がん・胃がん・大腸がんは近年急激に増加の一途をたどっています。
特にこれらの疾患で亡くなっている方が増加していますが、死亡数が増加しているということは早期の段階では自覚症状が出ないことを意味しています。
しかしながら自覚症状がない早期の段階で内視鏡検査で早期がんや大腸ポリープを発見することができれば、治療および完治が可能となります。
内視鏡検査を受けていただき、早い段階での内視鏡での発見が、適切な治療につながります。
外科的手術や抗がん剤治療ではなく、内視鏡での治療ができる早期段階での発見が非常に大切となります。

胃内視鏡検査によるピロリ菌外来(保険診療)

ピロリ菌は胃がん・胃潰瘍や十二指腸潰瘍・萎縮性胃炎・胃MALTリンパ腫など胃を中心とした様々な病気の発生や進行に関係していると言われています。
当院では胃内視鏡検査を行って、ピロリ菌によると思われる胃炎が認められた場合に限り、ピロリ菌の感染診断を行うことができます。さらにピロリ菌陽性と判定された場合は、ピロリ菌関連胃炎に対しても保険診療で除菌治療が行えるようになりました。
ただし、胃炎の診断は胃内視鏡検査を行った上で判断しないといけないという決まりとなりましたので、胃内視鏡検査を行わずにピロリ菌診断や除菌治療は保険診療では行えません。上記疾患がない場合には、感染診断・除菌治療は自費診療となります。
※胃内視鏡検査による胃がんがないかの確認や胃炎の有無の確認を行わずに、ピロリ菌の有無だけを調べることは極めてナンセンスな行為と考えます。胃がんの原因はピロリ菌だけでなく、塩分の過剰摂取や喫煙、飲酒、食習慣の欧米化、遺伝とも密接に関連しておりますので、胃内視鏡検査による胃がん・胃十二指腸潰瘍の有無や萎縮性胃炎の評価・胃内分布などを定期的に調べるように強くお勧めします。
また、ピロリ菌除菌後にも萎縮性胃炎(胃の老化)は残るため、胃がんの発生がないかどうかの確認を定期的に行い、胃内視鏡検査による厳重な経過観察を行うことを合わせてお勧めします。

≫ タケダ ピロリ菌除菌

ヘリコバクター・ピロリ菌について

ピロリ菌(保険診療)

ピロリ菌は1983年 にオーストラリアのロビン・ウォレンとバリー・マーシャルにより発見されました。
約3×0.5μmの大きさのらせん状をした細菌で、4~8本のしっぽがあります。このしっぽをヘリコプターのように回転させて移動することから、ヘリコバクター・ピロリと名付けられました。
日本では年齢とともにピロリ菌を持っている人が増えていき、40歳以上では約70%の感染率で、全国民の約半数が感染しているとされています。
人から人への経口感染(口から口)や井戸水などの水からの感染がほとんどで、家族内での父母や祖父母から子供への感染(食べ物の口移しなど、一度口に入れた食べ物を子供に与える事など)などで多くが5歳までの幼少時に感染します。
ピロリ菌が胃に感染すると慢性活動性胃炎と呼ばれる持続的な炎症を引き起こし、次第に胃粘膜が萎縮膜(胃粘膜が薄くなる現象)していきます。胃粘膜の萎縮とは言い換えると「胃の老化現象」のことで、胃酸の分泌が減少していき、消化不良や胃の不快感などの症状が出現してきます。
一度ピロリ菌に感染すると、年齢とともに胃粘膜の萎縮(胃の老化)が次第に進んでいき、強い胃粘膜の炎症が持続して、胃がんの発生リスクがより高くなることが判明しています。
胃粘膜の萎縮(胃の老化)が高度に進行すると、胃の粘膜が腸の粘膜に置き換わる「腸上皮化生」という事態に発展してしまい、むしろピロリ菌が生息できないほど荒れた胃粘膜の状態となり、ピロリ菌が消失してしまうことがあります。このように胃粘膜が「腸上皮化生」の状態になった場合には、ピロリ菌が自然消失してしまい、ピロリ菌が陰性と判定されても、実は最も胃がんのリスクが高い状態にあり、注意が必要となってきます。このため、胃内視鏡検査を行わずに検診などの採血、尿検査や尿素呼気試験などでピロリ菌の判定だけを行うのはナンセンスな行為と言えます。
ピロリ菌の感染者は、全くピロリ菌に感染したことがない人に比べて胃がんのリスクは10倍以上であることが報告されていますので、注意が必要です。
除菌治療によりピロリ菌が消失することによって胃がんの発生リスクは減少しますが、一度進んだ胃粘膜の萎縮(胃の老化)は残るため、胃がんの発生が見られないかどうか1年に1回の定期的な胃内視鏡検査が重要となってきます。
また、ピロリ菌除菌前には胃内視鏡検査による萎縮性胃炎などの胃炎の評価・胃内分布などや胃がんの有無を調べておくことを強くお勧めします。

当院の胃カメラは基本的に予約制ですが、当日絶食で来院されれば、診察にて判断し、 胃カメラを行うことは可能です。

胃カメラ検査の流れ
検査前 食事について

検査の前夜の夕食は夕方9時ごろまでに、消化の良い物をいつもより少なめにとってください。
当日の朝は、何も食べないようにします。水分は摂っていただいて構いません。

検査前 準備について①

内視鏡(スコープ)を飲みやすくするために、鼻腔を麻酔します。

内視鏡検査

内視鏡(スコープ)はムリに飲み込もうとせず、医師の指示に従って軽い気持ちで飲み込みます。
咽喉を通ったら、ゆっくり静かに「腹式呼吸」をすると、検査は楽に受けられます。
全身の力を抜いてゆったりした気持ちで受けましょう。検査は数分間で終わります。

検査後 注意について

上部消化管内視鏡検査後の注意についての用紙をお渡し致しますので、検査後すぐにお読み下さい。

  • 胃の中に空気が残っていますので、お腹が張った感じがしていると思いますが、時間とともに引いていきます。げっぷをすると楽になりますが、無理にげっぷをしないで下さい。
  • 経鼻内視鏡検査を受けられた方は、検査終了後に鼻血が出る事がありますが、ほとんどの場合は圧迫することで容易に止まります。
  • 今日一日は、激しい運動や過食はお控え下さい。
  • 血液が混ざった物を吐いたり、便が黒くなったり、腹痛が続いたりする場合は、当クリニックにご連絡下さい。
  • 検査が終わってもすぐにうがいなどはしないでください。
胃内視鏡検査・内視鏡手術
  1割負担 2割負担 3割負担
胃内視鏡(観察のみ) ¥2,000前後 ¥3,750前後 ¥5,500前後
胃内視鏡+病理組織検査 ¥3,000前後 ¥6,000前後 ¥9,000前後

病理組織検査は胃の組織を一部採取して、炎症の程度やがん細胞が含まれていないかどうかなどを光学顕微鏡で詳細に調べます。

TOP